スポンサーリンク





015.jpg

便秘中に排便したとき、

出血してしまうことがある人もいるかと思いますが、

実は排便後の出血というのは特に珍しいことではないんですね。



排便後の出血の有無を調査したところ、

直近の数ヶ月間で出血があったと答えた人は、

全体の10%にも及びました。



過敏性腸症候群の人に同じ調査をすると、

40%近くの人が排便後の出血したそうです。

なぜ排便後に出血してしまうのでしょうか?



あなたの応援クリックが更新の活力源♪
にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村


美味しい便秘茶はこちら!

便秘にオススメなオリゴ糖の記事はこちら

妊婦さんにオススメのお茶の記事はこちら



排便時になぜ出血してしまうのか?


Fotolia_30590167_XS.jpg

ほとんどの排便時に出血は、

肛門管の付近で起きています。

いわゆるですね^^;



便が漏れ出す役割している肛門管の組織は

非常に柔らかいため、傷つきやすく

便秘中は特に硬い便が出るため

排便時に肛門管を裂けてしまい出血してしまいます。



排便時に出血してしまう原因は

このような切れ痔が多いんです。

したがって便秘の時に

出血してしまうことはよくあることなので、

慌てなくても大丈夫ですよ。



しかしこの出血は

大腸がんのサインの場合もあるんです。

これは便秘は大腸がんになる可能性もあるためで

注意が必要です。



排便時の出血は大腸がんの危険も


Fotolia_61423469_XS.jpg

痔が便秘の時の排便時の出血の原因となることが多いのですが、

腸の病気が原因となって出血している場合もあるんです。

直腸炎、良性腫瘍や結腸の炎症などですね。



しかし、そのなかには

直腸がんや下部結腸癌など

深刻な病気が原因になっている可能性もあるため注意が必要です。



直腸炎などの出血は治療によって治すことが可能ですが、

早期の治療が重症化を避けることができるので、

排便時出血したら

医療機関で診察しましょう。



肛門からの出血は判断が難しいことが多く、

注意深く便を観察しないと発見できない事がほとんどです。

しかし深刻な病気が潜んでいる可能性もあるため

知識として知っておいてくださいね。



赤ちゃんの便秘と出血の原因は?


f97bfd00-s.jpg

赤ちゃんの血便の原因は

固い便をした際にいきんで肛門が避けてしまったり、

肛門が傷ついて出血したと考えられます。

赤ちゃんのほとんどの場合は切れ痔が原因なんです。



肛門の周りを清潔に保つことが大切で、

肛門が切れてしまう場合、

口から細菌が侵入してしまう危険があるんです。



病院に行くと

切れた肛門に塗る消炎鎮痛作用のある軟膏

便を柔らかくする薬が処方されます。



切れ痔が続いてしまうと

赤ちゃんは便をすることが痛いものだと

勘違いし怖がってしまいます。

そうすると赤ちゃんは排便を我慢するようになってしまい

便秘になったり、便秘が悪化したりしてしまうんです。



このようにならないためにも

十分な水分を摂るなど、便が固くならないように配慮して

快適に排便が行えるように

気をつけてあげることが大切ですよ^^



あなたの応援クリックが更新の活力源♪
にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村


美味しい便秘茶はこちら!

便秘にオススメなオリゴ糖の記事はこちら

妊婦さんにオススメのお茶の記事はこちら




スポンサーリンク