SSブログ

便秘の基礎知識のカテゴリ記事一覧

便秘を解消する方法

カテゴリ:便秘の基礎知識

便秘の基礎知識のカテゴリ記事一覧。便秘の症状をを改善するための情報や方法、商品を紹介します
xbenpi.jpeg.pagespeed.ic.SxFLrWpZ7J.jpg ..

便秘の基礎知識便秘の排便時に特に注意したいことを紹介します。「3日以上排便がなければ便秘」と言われることが多いようですが、本当にそうでしょうか?排便時に気をつけたいこと、意識..

記事を読む

genninn.jpg ..

便秘の基礎知識便秘が軽度のものであれば、つい放置してしまう人もいると思います。自然に治ることもありますが、疾病の原因となって、命に関わる大病に発展してしまう可能性もあるんです..

記事を読む

Fotolia_46544915_XS.jpg ..

便秘の基礎知識便秘の症状には個人差があります。いつも膨満感があったり、腹痛があるタイプもあれば、便を出すときだけが不快なタイプもあります。個人個人によって症状は様々です。便秘..

記事を読む

便秘の排便時に注意すること

xbenpi.jpeg.pagespeed.ic.SxFLrWpZ7J.jpg

便秘の排便時

特に注意したいことを紹介します。



「3日以上排便がなければ便秘」

と言われることが多いようですが、

本当にそうでしょうか?



排便時に気をつけたいこと

意識したいことを紹介します。







3日以上排便がなければ便秘?


20090901103718756.jpg

3日以上排便がなければ便秘

と考える女性も多いようですが、

腸内環境が良好であれば、

消化・排便までの時間は24時間が目安なので、

排便は1日1回ということになります。



便の一般的な水分量は80%ですが、

長時間、大腸に溜まっている便は、

水分が身体に吸収され、

水分量が70%以下になり、

便が硬くなってしまいます。



硬くなった便は、

余計に腸内で動きづらくなり、

更に便が溜まっていく

という悪循環に陥りがちです。



そのため通常の目安の

1日1回の排便を心がけましょう。



善玉菌のエサになる食物繊維

ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂ることで、

水分を吸収してスムーズに

外に運ばれる便になっていきます。



そして

ウォーキングなどの運動

排便する筋肉をつけることも重要ですよ^^



便意に敏感になる


20140107sakamoto01.jpg

便意を我慢することは

快適な排便習慣を身につけるうえで

よくありません。



肛門の手前の直腸に

便が達したときに感じるサイン

便意はなんですね。



このとき直腸は、

便をまた送り出すように信号を送っています。

したがって便意のサインを見逃さなければ、

次の排便が順調に望めます。



時間がない、仕事を優先する、外出時だと恥ずかしいなど

せっかく便意があっても

排便を我慢してしまう人は多く、

便意を我慢する事を繰り返していると、

神経の動きが次第に悪くなり、

直腸のから結腸への信号が

感知できなくなります。



このため、便秘が慢性化してしまうので、

便意に敏感になりましょう。



快適な排便習慣を身につける


Fotolia_24265230_XS.jpg

便秘の時には便が硬くなってしまうので、

便を無理矢理出せば、

になる可能性はあります。



しかしそのまま排便しないわけにはいかないので、

自然に排便を促す習慣を心がけましょう。



快適な排便習慣を身につけるためには、

朝の時間がとても大切です。

朝食をとったり、

起床後すぐに冷たい水を飲むと、

胃や腸が刺激され、便意を促しますよ^^



そして便意がなくても

必ずトイレへ行く事

習慣づける事も大切です。



このように朝の時間を作るようにすると、

生活環境も規則正しくなり、

自然と便秘になりにくい習慣が身につくでしょう^^





便秘によって起こる病気

genninn.jpg

便秘が軽度のものであれば、

つい放置してしまう人もいると思います。



自然に治ることもありますが、

疾病の原因となって、

命に関わる大病に発展してしまう

可能性もあるんです。

つまり「器質性便秘」と分類されるものですね。

記事:便秘の症状と原因


では便秘によって引き起こされる

病気とはなんでしょうか?







便秘から想定される主な病気


便秘から想定される病気のうち

腹痛があるか、ないかで

判断できます。


そして各症状によって

疑われる病気が見えてくるんですね


腹痛を伴う便秘


【症状】
数カ月以上便秘や下痢が続き、
排便すると落ち着く

【疑われる病気】
過敏性腸症候群



【症状】
腹部膨満・膨隆、吐き気、嘔吐
周期的に起こる強い腹痛

【疑われる病気】
腸閉塞



【症状】
腹痛、発熱、下痢、軟便、血便

【疑われる病気】
大腸憩室症



【症状】
便が細くなる、血便、残便感

【疑われる病気】
大腸がん、直腸がん



【症状】
腹部膨満、頑固な便秘、嘔吐

【疑われる病気】
巨大結腸症



【症状】
腹部膨満感、不正性器出血
下腹部痛、頻尿

【疑われる病気】
卵巣腫瘍



【症状】
下腹部痛、嘔吐、下痢
発熱、吐き気

【疑われる病気】
骨盤腹膜炎



【症状】
レイノー現象、息切れ、関節痛
皮膚が硬くなる、嚥下障害、咳

【疑われる病気】
全身性強皮症



腹痛を伴わない便秘


【症状】
肩こり、手指の感覚異常、歩行障害
上肢の痛み・脱力感

【疑われる病気】
頸椎症



【症状】
背部痛、歩行障害
手足の痛み・感覚鈍麻

【疑われる病気】
脊髄の腫瘍



【症状】
汗をかかない、顔のむくみ、かすれ声
寒がり、皮膚の乾燥、脱毛

【疑われる病気】
甲状腺機能低下症



【症状】
高血圧、胸痛、視力障害
頭痛、発汗過多、動悸、やせ

【疑われる病気】
褐色細胞腫



【症状】
脱力感、多尿、多飲
筋力低下、吐き気、嘔吐

【疑われる病気】
低カリウム血症



【症状】
排便に伴う肛門の痛み、出血

【疑われる病気】
裂肛



【症状】
倦怠感、肩こり、下痢
めまい、動悸、頭痛、息切れ

【疑われる病気】
本態性低血圧症




上記以外の便秘(機能性便秘)、

常習的な便秘は、

運動不足、排便の意識的抑制、食事量・食物繊維の摂取不足、

環境の変化、旅行などによる排便習慣の変化、ストレスなど

あなたの身の回りの環境が起因しています。



生活習慣の改善


lifestyle03.png

便秘を予防する方法は、

生活習慣の改善が重要で、

生活習慣病の予防方法と同じですね^^



栄養バランスのよい食事を食べる、

ストレスを溜めない、体を冷やさない

適度な運動をする、休養をとる、

規則正しい生活を送る、

など普段の生活の中で、

気をつけることが出来るものです。



便秘の解消に効果的な

食物繊維が多い食品や発酵食品は、

生活習慣病予防にも有効です。



便秘になりやすい生活は、

深刻な病気を引き起こしやすい生活

と言えます。

生活習慣が悪化しているサインが便秘ですので、

生活習慣を改善し、

あなたの体調をしっかりとケアしましょう



便秘の腹痛には3つの種類がある

Fotolia_46544915_XS.jpg

便秘の症状には個人差があります。

いつも膨満感があったり、

腹痛があるタイプもあれば、

便を出すときだけが不快なタイプもあります。

個人個人によって症状は様々です。



便秘による腹痛が起こる原因も

個人差があるのですが、

大半は、腸内に溜まった便によって

発生するガスが行き場をなくし、

ほかの臓器を圧迫することが原因だと

考えられています。



しかし便秘による腹痛は、場合によっては

すでに腸が何らかの病気へと進行していたり、

あるいはその一歩手前まできている

という可能性もあります。



今回は3種類の便秘による腹痛を紹介します

あなたに当てはまる症状を見つけてみてくださいね^^







他の臓器を圧迫


illust_kori6_3.jpg

症状として、

お腹が張るような痛み吐き気

が見られます。



腹の中に溜まっていた便が、

腐敗してガスを発生し、

行き場のないガスは腸を膨張させ

ほかの臓器を圧迫します。



圧迫された臓器は、

本来の機能を上手に果たすことができなくなり、

痛みを発するようになるんです。



そして便が腸内に溜まりすぎると、

腸の中へ食べたものが進まなくなり、

腹痛だけでなく吐き気の症状も発生します。



対処するには


我慢できる痛みのうちは

なるべくは薬に頼らす食生活など

あなたの生活環境をみなおしましょう。

そしてこのケースでは、

出ないときは食べない

という事。今すぐできることですね^^


便が出ていない腸に、

更に食べ物を運び詰まらしていくことになります。

無理に押し込むことは避けましょう。



腸の「ガン」



症状として、

激しいお腹の痛み血便

が見られます。



腸の「ガン」は、

激しい痛みを伴い便通を妨害します。

それにより便秘になることがあるんです。



またガンとは汚れた血液の塊なので、

血便が出ることがあります。



腸の「ガン」の原因として

不規則な生活、食事があげられます。

便秘になりやすい原因とも言えますね。



ガンも便秘も日々の生活

食事が影響しているんですね。



対処するには


血便がでたら、

念のため病院で検査を受けること勧めます。



病院での治療をする場合でも、

生活や食事を積極的に改善していきましょう。



腸がねじれている


419d5066e558cff73a79604d51e0c77a.jpg

症状として、

痛みによる冷や汗、下痢、お腹のハリ、

ズキズキするような激痛、吐き気、

が見られます。



腸がねじれることで、

便が通ることができなくなり、

激しい痛みが発生します。



実は腸がねじれている人は多くいます。

それでも便秘になる人とならない人がいるんです。

この違いは日々の生活の中の

運動量の違いなんですね。



多くの運動や外部からの良い刺激を与えられることで、

腸がねじれていても便を通すことができて、

便秘にはならないのです。



例えば自然界の動物は下剤を必要としません。

生きるために動き回っているので、

便秘になることは、ほぼないんです。



対処するには


腸のねじれが原因の便秘の場合は、

運動すれば改善に向かうでしょう。



しかし、激しい痛みを発症しているのであれば、

病院にて処置をしてもらいましょうね。

カテーテルなど、手術することで改善していきます。




今回は3種類の便秘による腹痛の原因と

簡単な対処法を紹介しました。

まずあなたの腹痛はどの種類に当たるのか

確認してみましょう。








スポンサーリンク





オススメ記事
Copyright © 便秘改善ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます